PCの処理速度、起動速度などを上げる方法

長年PCを使用していると段々と起動にかかる時間、処理速度が重くなってくることがあります、そろそろPCの寿命かな?と思う前に以下のことをおためしください。

デスクトップにある、無用なアイコンを削除、起動時に負担となるプログラムなどを削除する

まず、使用してないアイコン、あとなんでもかんでもショートカットをデスクトップに貼り付ける方がいらっしゃいますが、そちらを全部削除してみてください。
デスクトップの読み込みに時間がかかっている場合があります、あとお洒落すぎる重い壁紙も負担になっている場合があります。
そして、起動時に読み込むプログラムも削除していきましょう、システム構成内のスタートアップで実行されるプログラムから不要なもの、現在使用していないものはチェックを外しましょう。
更に、コントロールパネルから、もし今現在使用してないソフトなどがあるようでしたら、プログラムのアンインストールでアンインストールしてしまうのも手です。

HDD内の不要なファイルなどを削除する、最適化をする

HDDに重いファイルがあり、あまり使わないようでしたら、外付けのHDDなり外部メモリにうつせるものはうつしてしまいましょう、HDDの空き容量が少ない場合、HDDの処理が重くなります。
また、適度にHDDの最適化を行うことも解決につながる場合があります、クリーンアップしたいHDDをエクスプローラーで選択し、右クリックするとディスクとクリーンアップという表示がでたら選択しましょう。

物理的に換装する

HDDをSSDに変更する、CPUを変更する、メモリを増設する、などを行うのが一番手っ取り早いと思います。
HDDをSSD(SSHD)にすると起動は驚くほど早くなりますので、是非やってみてください、データ移行ソフト(SSDに付属している場合もあります。)などを使用すると簡単に移行可能です。
CPUについてはソケットがあうかどうか?という問題もあるので、よくわからない方は、お近くのDOSPARAなどのBTO店舗などで聞くと良いでしょう。

メモリの増設についてはPCのメモリスロットを確認し、簡単に増設できるようでしたら増設メモリを購入して挿し込み、もしメモリが1つしかないようであれば、新しいメモリを買って差し換えていただくのがよいと思います。
上記の実行を行えば、大体のPCは性能を向上できると思います、難しいかもしれませんが、私もドキドキしながら部品交換したり、プログラムなどのアンインストールや最適化を行ったものですが、できたときには達成感があり楽しかったです。

CPUをオーバークロックする

CPUのオーバークロックという言葉は聞いたことがあると思われますが、実際になんのことかわからない人も多いと思います。
オーバークロックとは、以前まではCPUの名前の横についていた ペンティアム●●Ghz などの●●Ghzの部分、つまり周波数を規定値より上げることを言います。
通常、CPUには規定範囲の周波数がありますが、そこを上限よりあげて、より性能を上げ、より処理能力を上げることを行います。
そんなことができるなら、全部のCPUをオーバークロックしたら良いと思われますが、CPUを製造している会社がここまでだったら安全な動作だというものを無理矢理上げているようなものですから、それなりにリスクをともないますし、保証外となります。
オーバークロックをすることによって、消費電力、発熱などが上がるので、色々と気をつけないといけない部分が増えます、電源ユニット、排熱のためのCPUファンなどを強化しないといけないでしょう。
そして、それでもオーバークロックをして、高い性能を得たいという方は、対応するCPU(intelであれば型番の最後にkがつくまたはExtreme Editionとつくもの、AMDであればBlack Editionがつくものです。)を購入しましょう。ゲーミングPCおすすめメーカーならどこでもCore i7-4790Kなどオーバークロック対応のCPUを搭載したデスクトップを販売しています。
更にマザーボードによって、オーバークロックをBIOSた対応するソフトで設定できるものがありますので、オーバークロック対応するマザーボードを購入する必要もあります。
ソフトにより設定が色々とありますが、周波数の倍率を上げすぎると、発熱しすぎたりとハード上の問題が出てくると思われますので、自己責任でじっくりと性能を見極めることが必要です。
しかし、そういった手間隙をかけることにより、より自分のPCに愛着がいちだんとわくかもしれません、あくまで自己責任にはなってしまいまうのですが。